任意のバイク保険に入っていれば

任意のバイク保険に入っていれば

任意のバイク保険に入っていれば 車とバイクは同じ公道を走る移動手段ですが、大きく異なっているのがその構造です。バイクは車と比べて車体が小さく、総重量も軽くなっているため、気軽に利用する事ができるといったメリットがあります。そういった事もあり、税金も安く燃費も良いので、車と比べて維持費用が安くなっています。

しかし、バイクは盗難にあいやすいといったリスクが高くなります。車と比べて盗難する事が容易なバイクは、盗難件数が高く、未成年の犯行も多い傾向にあります。また、バイクが盗まれてから手元に戻ってくる割合は車よりは高いのですが、乗り捨てられるケースもありますので犯人の検挙率は低くなります。

そういった傾向もあり、強制加入するバイク保険には、車両保険が付いていません。つまり加入が義務付けられている自賠責だけのバイク保険しか入っていない場合、盗まれたら泣き寝入りしなければいけないケースが大半となっているのです。

バイクの車両を守りたいなら、車両保険の付いたバイク保険に加入する事が必要になります。人気の高い車種を所有している場合には、狙われる可能性がありますので、防犯対策をすることはもちろんですが、バイク保険に加入して万が一に備えることも重要です。

最新のお知らせ

  • [2017年11月17日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年11月17日]
    運営者情報を追加しました。