バイク保険は自分を守ってくれます

バイクは、車よりもはるかに注意が必要な乗り物です。車のようにシートベルトがあるわけではありませんし、何かに衝突すれば、すぐに投げ出されて地面にたたきつけられてしまい重症になってしまう可能性があります。背骨を折って寝たきりになってしまったり、目が見えなくなってしまったりするケースもあります。

怪我をする危険があるのは、バイクを運転している人だけでなく、衝突してしまった相手にも言える事です。数十キロのスピードで鉄の塊がぶつかってくるのですから、単なる怪我では済まない可能性が高くなります。バイクや車はあらゆる可能性を想定して、最低限の保障を受ける事ができるように自賠責保険に加入することが義務付けられています。

しかし、自賠責保険の保障内容は最低限ですので、満足の行く保障内容とは言えません。その為、追加でバイク保険に加入することが重要になってきます。任意で加入するバイク保険の事を任意保険というのですが、保険会社によって色々と内容が異なっています。

相手が無保険車の時にお金がでないようなトラブルがあるようなケースでも、任意保険を使うことで対処することが可能ですし、物損事故に関しても保障してくれるなど内容を選らん加入できる点もバイク保険のよい所です。